毛が濃くなる硬毛化って知ってる?

 

書類をぶちまける女性

みなさん「硬毛化」って知っていますか?

硬毛化は光脱毛や医療レーザーを行った場合に、うぶ毛などの毛が脱毛以前よりも濃くなってしまう事を言います。

以前は細かったうぶ毛が濃くなってしまうなんて絶対イヤですよね。

硬毛化は避ける事が出来るのでご安心を。

まずは硬毛化してしまう理由を説明していきます。

なぜ硬毛化が起こる?
光脱毛や医療レーザーでの脱毛は実は同じ仕組みで脱毛しています。違いはパワーの強さです。これらの脱毛法はメラニン色素に反応するようになっていて、メラニン色素に反応する事で熱を発生させ脱毛していきます。この時にうぶ毛などのメラニン色素の保有量が少ない毛には熱を発生させる事が出来ず、その熱が帰って毛根を刺激してししまい、活性化し毛を太くさせると言われています。

全身脱毛にはもちろん肩周り、背中といったうぶ毛が生えている部位も含まれます。全身脱毛をしてかえって毛が濃くなってしまうなんてイヤですよね。硬毛化は1回でおこるわけではなく、数回脱毛を重ねる事で次第に毛が濃くなっていきます。
回数制で脱毛を行った場合、毛が濃くなってしまった時に終了という事もあり得る話です。

硬毛化を避けるには?
硬毛化を避けるには、SHR脱毛を初めから選択する事をオススメします。なぜならSHRはメラニン色素をターゲットとしていない脱毛法だからです。SHR脱毛は血中のヘモグロビンに反応し、低い熱を発生させる事で毛乳頭をたんぱく変性させ毛を生えなくさせます。SHR脱毛がうぶ毛も脱毛できるのはこの理論のためです。メラニン色素を狙わないSHRで硬毛化を避ける事が出来ます。

すでに硬毛化してしまった毛もSHR脱毛なら短期間で脱毛することができるので、まさに救世主のような脱毛法です。